top of page
  • 執筆者の写真CROSS GRILL POT HOUSE

宮城県の関村牧場さんの漢⽅和⽜や漢⽅三元豚

宮城県の関村牧場さんの漢⽅和⽜や漢⽅三元豚

人が食べても体によい

漢方飼料で育てる

健康な牛を育て、牛肉本来のおいしさをつくるために、14種類のハーブをブレンドしたオリジナルの飼料を開発。 肥育の仕上げに約8か月食べさせています。出来上がる肉の質を吟味しながら、試行錯誤を重ねて生み出した、まさに漢方和牛のおいしさの決め手です。



関村牧場のこだわり



漢方は、人を健康に保ち自然治癒力を高める東洋の知恵。“人にいいものは牛にも良いはず” と関村場長が考え生み出した、漢方和牛。「福島・二本松の漢方卵は、桑の葉などいろいろなものが使われた餌で、鶏舎ににおいがなかった。これはいいと感じもらって牛に食べさせてみたら、食べた。これはいけると思ったよ」研究を重ね、4種類、7種類と増やしていき、最終的に14種類に。肉の質を吟味しながら試行錯誤を重ね、今のブレンドに落ち着きました。関村場長の情熱の結晶です。関村牧場 漢方和牛

おいしさの理由はデータで見える。豊富な旨み成分




関村牧場 漢方和牛 旨味成分グラフ『漢方和牛』のおいしさの理由はデータではっきり見ることができます。赤身の代表格、漢方和牛のモモに含まれるアミノ酸の含有比はなんと黒毛和牛の1.5倍。また、大豆や昆布の旨みのもととなるグルタミン酸は約2倍以上にも。牛肉本来の甘みと旨みがたっぷり含まれています。



毎日食べたい!後味さっぱり、ヘルシーな脂。



関村牧場 漢方和牛 旨味成分グラフ漢方和牛は、脂肪分の融点が21.3~22.8℃とかなり低い温度で融けます。一般的には人の体温が約36℃。体温で融ける脂は体内に脂肪をためない健康に良い牛肉と言えます。コレステロールが気になる方にも、気兼ねなくお腹いっぱい食べていただけるのが『漢方和牛』です。








閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page